調停離婚の成立とは

離婚を考え、夫婦間で話し合いをしても、相手が離婚に応じてくれない場合や、離婚に関する条件面で折り合いがつかない場合など、夫婦間の話し合いだけでは決着がつかない場合があります。

そんな時、家庭裁判所に夫婦関係調整調停の申立てを行う事を、離婚調停と呼びます。

離婚調停を行いたいと考えたら、まずは夫婦間で話し合い決めた家庭裁判所に、調停申立書を提出します。

すると後日、裁判所から、調停の日にちに関する連絡が届き、夫婦揃って出席をする事になります。

そして、家事審判官と、2人の調停委員が間に入り、そこで再び話し合いをしていく事になります。

この話し合いを月に1回程度のペースで行い、結論を出していきます。

話し合いをする事で、夫婦が合意をし、調停委員がその離婚を妥当と認めれば、そこで調停離婚成立となります。

成立といっても様々な形があり、離婚する場合もあれば、離婚しないという結論もあります。

冷却期間を置く、当面は夫婦として生活していくというのも一つの結論です。

そんな中、離婚という結論が出た場合、裁判所によって調停調書が作成され、それにより離婚となります。

この調停での話し合いでは夫婦の合意とならず、その結論を裁判所にゆだねたいと考えた場合、審判離婚となります。

Comments are closed.