協議離婚の利点

観葉植物04

離婚には大きく分けて協議して離婚をする場合と、調停を受けて離婚をする場合と裁判で離婚をする場合が有ります。

どちらもメリットデメリットがあって、どれが良いかは一概には言えません。ただ離婚の方法ですが9割が協議による離婚を選んでいます。

それで協議離婚の利点ですが、夫婦の話し合いのみで成立します。

だから調停離婚や裁判離婚に比べると成立スピードが違います。

そして当事者同士だけで話し合いをしますから、役所に離婚届を出すだけで成立します。これが調停離婚や裁判離婚だと裁判所が絡みますから、手続きが大変です。

さらに当事者同士で交渉する為、慰謝料や財産分与、養育費が有利な条件で交渉が成立する場合が有ります。家庭裁判所を通すと相場での金額になり、協議より不利な状態で成立する場合も有ります。

しかも調停や裁判をしても希望の額に遠ければ、交渉のメリットが薄いです。

利点だけではなく欠点として、交渉が決裂して余計事態を悪化させたり、取り決めを守ってもらえない場合も有り、その為に公正証書を作ったら、調停離婚より経費がかかったりとかで、欠点もそれなりに有ります。

しかし利点が多いし労力が少なくて良いから、これからもこの方法で離婚する人は多いです。

Comments are closed.