協議離婚の成立とは

結婚生活が順調であり、特に問題もなく進んでいるのであれば、気になることもないでしょうが、歯車が狂い始めて相手のことが嫌になったり、ほかに好きな人ができるとなかなかその関係を続けるのが難しくなるものです。

これが浮気や暴力など、いろいろな原因があることもあるのですが、婚姻関係の破綻といったことになります。

ほとんどの場合では、協議離婚といって当事者同士の話し合いによって成立するようなパターンになります。

中には、子どもの親権やお金の問題などでもめて、スムーズに進まずに調停や裁判になる人もいるのですが、協議で済めば最善の方法だといえるでしょう。

夫婦二人の場合では、子どもの問題もないので、わりとすぐに解決できます。子どもがいるときには、親権をどちらが持ち、養育費や面接交渉なども取り決めをしていきます。

また、財産分与や慰謝料などの問題が発生することもあります。

財産分与は、土地や家、家具や家電といった結婚生活で築いた財産やお金を分けることで、慰謝料は相手に与えた苦痛、例えば浮気や暴力などに対して謝罪の気持ちをこめて払うものになります。

こういったことが全てクリアできて初めて、成立するような流れになるのです。

Comments are closed.