裁判離婚の利点

裁判離婚とは、協議離婚や調停離婚などを経て、それでもうまくいず離婚に至らなかった場合に、夫婦のどちらかが離婚の訴訟を起こして、裁判の判決により離婚することです。

しかし、そのためには、不倫、ドメスティックバイオレンス、夫婦間の協力拒否などのような法的な原因がなければ離婚の訴えを起こすことができません。

さらに調停離婚とは異なり、裁判所の費用や弁護士に対しての費用など、合計で100万円くらいは費用がかかります。

裁判の費用は裁判に負けた側に支払い請求がきますが、弁護士費用は勝敗に関わらず自己負担となります。

弁護士は必ずしも必要なわけではなく、争う気のない場合や、確実に相手が不利である場合などは不要な場合もありますが、離婚したくない場合や親権を取りたい場合、財産分与や慰謝料を請求したい場合などは、弁護士がいた方がよいでしょう。

このように金銭的にも負担が大きくなりますが、さらに全ての決着がつくのに2年ほどかかるので精神的にも辛いものと考えられます。

しかし、協議離婚や調停離婚などでもお互いが納得をせず、うまく成立しなかった離婚問題も、その判決には強力性があり必ず決着をつけることができるのが最大の利点です。

Comments are closed.