裁判離婚の成立とは

離婚をしたいと考えた場合、まず行うのは夫婦での話し合いです。

夫婦間で話し合い、そこで合意となれば離婚となりますが、一方が離婚に応じない、条件面で折り合いがつかない等で、合意に至らない場合、離婚調停に進む事があります。

離婚調停は、家庭裁判所に朝廷の申立てを行い、夫婦二人だけではなく、そこに調停委員という中立の立場になる人を間に入れ、離婚について話し合っていくものです。

離婚調停では、夫婦が合意し、調停委員が妥当と認めれば、そこで離婚などの結論となります。

ただ、調停でも夫婦間の合意が得られない場合、結論を裁判所に委ねる、離婚裁判になる事があります。

離婚裁判まで進むと、夫婦間の合意ではなく、裁判所が離婚は妥当かどうか判断し、判決を下す事になります。

裁判所が離婚成立という判断を下せば、一方が離婚に合意していない状態であっても、裁判離婚の成立となります。

ただ、裁判所が離婚が妥当と認められる為には、配偶者に確実な不貞行為があった、配偶者から悪意の遺棄をされた、配偶者が重度の精神病にかかっており回復が見込めない等、はっきりとした離婚理由が必要となります。

こうした離婚理由がない場合、離婚は認められない事になります。

Comments are closed.